industrial internet institutel

  • TOP >
  • お知らせ >
  • 第5回 バルセロナ Industrial Internet&IoT スタディツアーのご案内

お知らせ- INFO -

第5回 バルセロナ Industrial Internet&IoT スタディツアーのご案内

今年も例年通り10月にバルセロナIoT ソリューション・コングレスが開催されます。
当コングレスはIoTとしては世界最大級であり、IIC (Industrial Internet Consortium) が企画し、欧米や中国インド等のIoT関連先端技術企業が協力して
開催する唯一のコングレスです。日本企業が、IoT・AIの分野で海外企業から立ち遅れて久しいですが、どの様に多国籍軍が垂直立ち上げを成功させ且、
グローバルビジネスとして成功させているのか?ご自身の目と耳で確かめて頂き、帰国後国内における自社の戦略と役目を厚く語って頂ければと思います。
特に躍進著しい中国企業は、HUAWEI社が最大のコア技術としてAIを活用し、多くの先進欧企業との連携によるECOシステム開発、
オープンイノベーション戦略を展開中であり、その成果の発表の場としています。
また、インド系企業ではInfosys社が多くのTestbed開発における中心的インテグレーターして最新事例を数多く発信しており、
ECOシステムでのビジネスモデル形成が既にグローバルスタンダードとなっている事を肌で感じて頂きたいと思います。
今年度も、IICの全面的な協力を得てIndustrial Internet & IoT スタディ・ツアーを実施することになりました。
IoTを活用したビジネスモデルは着々と成果を上げ大きなビジネスに発展しようとしていますが、
何故日本国内ではそれほど大きなイノベーション効果をあげられていないのでしょうか?
その答えを見つける為にも、日本OMGが主催するスタディツアーに是非ご参加下さい。

毎年10月に多くの展示会等がバルセロナで開催され、年々ホテルの料金が高騰し、宿泊予約も困難な状況になってきています。
お申し込みは出来るだけ早く検討頂きます様、お願い致します。

<コングレストピックス>

IOT Solutions World Congress の内容は9つのトラックに分かれています。
さまざまな業界がIoTによってどのように影響を受けているか
直接体験して日本がどれほど遅れているのか?実体験して下さい!

1.物流
輸送および物流業界が直面している最も重要な課題の1つは、人と貨物を安全かつ効率的に移動する方法です。
企業が運用効率とパフォーマンスを改善する方法を決定するには、リアルタイムデータへのアクセスが不可欠です。
カスタマイズされたIoTソリューションにより、輸送および物流企業はデバイスを接続して生産性を加速します。
接続された車両と交通管理センターは、輸送をより安全にし、安全性と交通の流れを改善し、大規模化のためのコストを削減します。

続き・・・

2.デジタルトランスフォーメーション
インダストリアルデジタルトランスフォーメーションを推進するIoTソリューションの実装と展開の成功は、適切なテクノロジーと
アーキテクチャの選択、適切な方法論とベストプラクティスの採用から、適切な標準の遵守、規制要件への対応まで、多くの要因に依存します。
最新の技術革新と採用動向、実証済みのベストプラクティスと実装戦略、デジタルツインの影響と重要性、および成功したIoTソリューションを
通じて影響力のあるビジネス成果をもたらすクロスバーティカルユースケースを紹介します。

続き・・・

3.オープンインダストリー
オープンな業界、このようなセグメントにおける現実世界のIoTアプリケーションに焦点を当てる、農業、建設、化粧品、防衛、金融、鉱業、医薬品、
および他の業種の約束と明日の課題に対処する接続技術の可能性が今日実現しています。
他の主要な産業分野には保険が含まれます。IoTソリューションの複合年間成長率は、今後5年間で17%を超えると予想される国、
地方自治体(市場調査会社IDCによると、およそ16%のCAGRが予想されます)
セッションでは、実証された肯定的なROIメリットを備えたIoTソリューションの実装で使用された課題やソリューションの詳細を説明するケーススタディ
IoTソリューションの実際の使用について説明します。
初期目標、期待される成果、プロジェクトのロードマップなど、IoTおよび関連テクノロジーの具体的な展開と使用について学びます。

続き・・・

4.エネルギー効果
インテリジェントデバイスのコスト削減と計算能力と処理能力の向上により、従来のエネルギーおよび公益事業の業界が変化しています
企業は、競争力を維持し、新しい市場、規制、消費者の要求を満たすために、ビジネスを変革する必要があります。
データの分析、プロセスの監視、安全な運用の実施、資産の寿命の延長、生産性と安全性の向上にはベストプラクティスが必要です。
電力会社にとって、再生可能エネルギーソリューション、スマートグリッド、分散型エネルギーリソース、分散型エネルギー貯蔵システムなどの
需要の増加は、エネルギーおよびユーティリティセクターを、中央集中型の生成および配信モデルからデータ分析を必要とする動的なものに変換しています。
リアルタイムのコマンド決定。ネットワーク事業者にとっての優先事項は、信頼性と回復力のある電力供給と供給です。
市場参加者にとっては、最低コストで同じ優先度、石油、ガス、化学会社にとって、探査、生産、加工のコストが低いエネルギー資源は
ますます希少になっています。新しいIoTテクノロジーとソリューションは、予測メンテナンス、リモート資産監視、デバイスの追跡と追跡、
緊急警報と避難システム、エネルギー効率の高い施設を通じて運用を最適化します。
「エネルギーとユーティリティ」トラックでは、既にプロセスにIoTを適用している企業のユースケースと成功事例にアプローチします。
生産性を高め、重大な問題を解決し、リアルタイムの意思決定を改善するために、企業が相互運用可能なエンドツーエンドのIoTソリューションを
どのように提供しているかを学びます。
IoTを介したより深いレベルの相互運用性、接続性、および自動化により、エネルギー企業および公益企業がより機敏、柔軟、効率的になることを体験して下さい。

続き・・・

5.インフラと建造物
急増する日々の「モノ」のセットがIoTの世界に加わり続けると、インテリジェントクラウドと物理的な世界とのより豊かな接続が確立されます。
モノのインターネットの最も興味深く興味深い面は、それを使用する人間の世界になります。
IoTとAIにより、私たちが住み、遊び、働く物理的環境をモデル化し、相互作用する新しい方法が可能になります。
環境が体験に固有の積極的な参加者になる世界では、物理空間の使用、ナビゲーション、測定、操作、サービスの方法が劇的に変化しています。
これは建物の所有者、オペレーター、居住者、および訪問者がオフィス、教育、小売、病院、ホスピタリティ、スタジアム、キャンパス、および
都市環境と対話する方法に影響します。 「Smart Spaces」は、運用効率に完全に焦点を当てていた「Smart Building」を超える進化の次の段階です。
スマートスペースには、物理​​資産のデジタル表現を提供し、デジタルと物理の世界を組み合わせる新しい方法への扉を開くデジタルツインが含まれています。
ビルのインフラストラクチャに組み込まれたIoTテクノロジーは、エネルギー、水、暖房、換気、メンテナンス、セキュリティの供給方法を変え続けています。
労働力管理、廃棄物ゼロ、カーボンニュートラル、電気自動車インフラストラクチャの分野で新しいソリューションが登場しています。
スマート照明および温度システム、スマートメータリング、インテリジェントセンサー、さまざまなシステムおよびデバイスから収集されたデータは、
運用パフォーマンスの向上とコストの削減に貢献します。リモート監視と予測分析は、起こりうる障害の検出と回避に役立ちます。
「建物&インフラ」トラックでは、トップ企業がモノのインターネット(IoT)に基づいたスマートスペースの普及に関するユースケースを紹介します。
接続デバイスを介した安価なセンサーテクノロジーの使用とインフラストラクチャの管理がどのように行われているかを発見します。

続き・・・

6.マニファクチャリング
モノのインターネットがすべてのセクターに影響を与えることは間違いありませんが、このテクノロジーの影響を受ける最も直接的な垂直産業は製造業です。
この新しい産業革命は、ビジネスモデルを変革するだけでなく、生産性の向上、プロセスの自動化、品質の向上、節約と効率の
大幅な向上をもたらしながら、潜在的な新しい収益源を開きます。自動車、小売、電子、化学製品の生産、およびロボット化された工場は、
すでにビジネスにIoTを適用しているさまざまな製造分野のほんの数例です。専用の「製造」トラックでは、業界のトップエキスパートが、
IoTが製造部門に与える影響の成功事例を紹介します。ユースケースには、デジタルツインおよびデジタルスレッド、資産の追跡と最適化、
積層造形、ディスクリートとプロセス産業の成功事例、モデルベースのエンジニアリング、工場内から現場へのショップフロースマートデバイスの展開
リモートなどのトピックが含まれます。

続き・・・

7.ヘルスケア
「モノのインターネット」の一部として現在分類されているテクノロジーの採用によりヘルスケア業界の混乱はさらに急速に加速しています
従来の医療情報システムに接続する多数の新しいアプリケーションとデバイス、および医療機関がユビキタスで永続的なネットワーク接続を介して
相互接続することにより、結果として生じるデータ津波により、情報の収集、集約、解釈、最終的な方法の変換が強制されています。
モノのインターネットが医療をどのように変えているかを学びましょう。講演者は、「何が機能するか」だけでなく、新しい規格、規制環境、医療に新しい
テクノロジーを導入する際の複雑さを抑えるなどの課題を含むトピックを取り上げます。
ユースケースを共有し、ヘルスケア組織がすでに
IoTを適用して、ケアの提供、臨床結果を改善し、運用効率を高める方法を説明します。
企業がコネクテッドヘルスケアへの道で、内部の政治や規制の問題をどのように克服しているかを学びます。
ヘルスケアウェアラブル、モバイルヘルスケアのセキュリティ、データの効率的な使用と配信を通じて患者のケアを改善する方法を発見してください。

続き・・・

8.AI
人工知能をIoTに追加することで、ソリューションを次のレベルに完全に変換しもたらす方法を学びましょ
洞察の強化、複雑な意思決定、自己学習、自己修復は、AIが可能にする機能のほんの一部です。
また、はるかに洗練されたユーザーインタラクションと豊富なエクスペリエンスを提供します。
AIがもたらす可能性は無限です。AIがビジネスソリューションにどのように適用されているかのサクセスストーリーを聞き、
この新しいテクノロジーが業界とランドスケープをどのように変えているかを見てみましょう。

続き・・・

9.ブロックチェーン
ブロックチェーン技術は、開発段階にあります。新しいプロトコルとソリューションが毎日出現しており、実装のどの側面についても明確な勝者はいません。
先駆者やエコシステム構築者に持続可能な報酬をもたらすことができる大きな機会があります。
私たちは、学術研究と第一世代のテクノロジーから、より成熟した製品とブロックチェーンの運用価値の明確化に移行しています。
BSWが重点を置いているのは、ソリューションと実際の使用例です。価値提案を評価する際に尋ねる正しい質問を学び、
スタックの各レイヤーで最適な技術オプションを決定するためのフレームワークを見つけ、ソリューションが目的のビジネス結果を確実に提供するようにします。
正しい情報を入手する進化におけるブロックチェーンの次のステップを活用してください。

続き・・・

 

<ツアーの目的>

  • 欧米・中国・インドを中心とする最先端IoT Testbed実体験
  • ツアーを通じて、参加先端企業との関係の構築
  • 日本とIoTコングレス参加企業との根本的な相違体感
  • IoTを中心とする最先端技術動向と進捗等の成果を上げていただければと存じます。
    (詳細はIoT Solution World Congress 2019 Octber29-31 Barcelonaにて確認できます)

<ツアー内容>

  • IoT Solution Congress への参加
  • IoT Solution Congressメーン出展者のスペシャルデモ及びQ&A
  • IICマネージメントとのコミュニケーション・ショップの実施
  • IICエクゼクテイブ Soley氏とのコミュニケーション
  • IIC CTO Mellor とのコミュニケーション
  • 出店企業とのコミュニケーション
  • 欧米を中心とする各国のTest Bed 開発状況と今回のIIC展示の解説

・中小、ベンチャー企業のIICを通じてのビジネス対応と今回の参加について
・複数企業連携によるIntellectual Propertyの検討
・インド、中国企業の飛躍的な発展と想定される今後の動向
・IICにおけるSecurity & Safetyの検討状況
・IICでのTest Bedの基盤技術の進捗

<ツアースケジュール>

10月28日(月曜日)日本発-バルセロナ着
10月28日(月曜日)
AM:
・オリエンテーション&ガイド
・コミュニケーションミーティング
PM:
・IIC セッション
・IIC マネージメントとの懇親会
10月29日(火曜日)
AM&PM:
IoT Solution Congress への参加
10月30日(水曜日)
AM&PM:
IoT Solution Congress への参加
10月31日(木曜日)
AM:
IoT Solution Congress への参加
PM:
参加者間のコミュニケーションレポート準備・作成
(夜;懇親会)
11月1日(金曜日)
帰国

<最小募集人数>

5名

<参加費用>

¥538,000 ( 税別 )

〆切9月末日

上記は諸般の事情により変更する場合があります。

<費用に含まれる内容>
・往復の航空券
・宿泊費用(朝食費用を含む4泊6日)
・IoT Congress への入場・参加費用
・予定されているマネージメントとの懇親会費用
・旅行傷害保険費用

以上

 

 

 

一覧へ戻る

CONTACT

CONTACT FORM
ページトップへ