一般社団法人 日本OMG

ご挨拶

OMG(Object Management Group http://www.omg.org/ )は、1989年に発足したコンピューターアプリケーションの
アーキテクチャー​テクノロジーに 関する 標準を推進する世界的な非営利団体です。
全世界で数百にのぼるIT関連会社、ITユーザーが​会員となり、UML、BPM、SysMLなどの標準仕様を無償で提供しています。
日本では、世界に先駆けOMG​が推奨する世界標準管理手法の利活用と現場改善を目的とし、主に中小企業向けに業務改善手法や
プロジェクト推進を通じて積極的に企業貢献活動を行なっています。

日本OMG代表理事挨拶

日本OMGは、IT関連世界標準の推進団体である OMGの推奨する標準化の推進と支援を 目的に2013年一般社団法人として設立、
OMG の正式な日本代表として様々な分野への貢献を目指して活動を展開しております。
OMGとして、地域に密着し組織的に対応するのは日本が初めてです。これは先進各国の中で日本が最も活用の範囲が狭い状況を、
日本の特性を十分考慮して世界標準の普及・活用へつなげるために組織化されました。

OMG 推奨の標準に対し、日本OMGは推進活動の中心をBPM ( ビジネス・プロセス・マネージメント )と SysML
( システム・モデリング・ランゲージ )において活動を展開しております。SysML に対しては、MBSE&SysML 利活用協議会を
慶応大学大学院 SDM 研究科と協力し、積極的に現場貢献への対応を展開しております。
さらに、現在OMGで検討されている多くのアドバンス技術標準検討、プロジェクトの日本への紹介なども提供しております。

IoT & Industrial Internet の産業変革に対しては 、OMGの展開する多くの標準検討内容がそのコア技術として重要な
役割を果たしていく状況にあり、日本OMGとしてグローバルリフェレンス、情報を活用した日本における貢献を展開してまいります。

日本OMGは、従来のOMGの活動に加え、日本のビジネス環境を十分見据えた支援サービスを、関連企業・団体の方々との
協力・連携を深めながら推進致しますので、宜しくお願い致します。

 

 

2016年1月 改定

社団法人日本OMG 代表理事 吉野 晃生 社団法人日本OMG
代表理事 吉野 晃生