一般社団法人 日本OMG

SysML利活用協議会の設立記念フォーラム


 

平成25年1月9日

SysML利活用協議会の設立と設立記念フォーラムのご案内


**************************************************************************************************************************************************************************************
                                    SysML利活用協議会 会長

慶應義塾大学大学院 SDM教授 西村 秀和  

                                    SysML利活用協議会 副会長

日本OMG 代表理事  吉野 晃生           

 

 この度、日本におけるSysMLの利用、活用を発展、促進することを目的に“SysML利活用協議会”を設立いたしました。下記内容をご理解をいただき、皆様の協議会への積極的参画、協力をお願いいたします。

 

 

 

<SysML利活用協議会の設立>

名称;SysML利活用協議会とする

目的;1)日本の製造業における製品開発・設計のSysMLの利用、実活用の基盤整備

   2)日本におけるSysMLのビジネス・オポチュニティの創造

   3)SysMLの関連団体、企業、オピニオンリーダーの連携、コミュニケーションの場の創造

   4)SysMLの教育、スキルのためのプログラムの整備と、関連企業、団体の各種プログラム、事例の紹介

   5)今後予定されるSysMLのバージョンアップ、機能追加等に対するOMGへの日本のインプット窓口機能

   6)モデル・ベース・システムズ・エンジニアリングに軸足を置いた、SysMLの活用、啓蒙活動、事例紹介

   7)日本における各種SysML関連製品、サービス等の情報をニュートラルにデータを集約し、SysML利活用への利便性の促進

協賛・参画: 協賛・参画に対する詳細は、以下の“SysML利活用協議会設立記念フォーラム”にてご案内いたします。

<SysML利活用協議会設立記念フォーラム開催のご案内>

日時; 2014年2月5日(水曜日) 13:30~17:30(13:00より受付開始)

会場; 慶応大学 日吉キャンパス 協生館会議室

定員; 60名を予定

プログラム;

・オープニング…日本OMG代表理事 吉野 晃生

・基調講演…OMG CEO Richard M Soley

    ・SysMLの海外の動向、日本へのサジェスチョン

・設立記念講演…慶応義塾大学 SDM教授 西村 秀和

  ・SysML利活用への取り組みとガイド

  ・INCOSE&OMG連携によるSysMLの最新報告

・パネル・ディスカッション

 参加各位の積極的参加をいただき、下記内容を中心にディスカッションを予定しております。

1)今後の発展のため、日本におけるSysML用語標準を検討、確定

2)日本におけるSysML関連の推進団体、企業等の情報を一覧できるデータ整備

3)SysML活用への要望等をOMGへの正式インプット機能

3)海外等の先行事例等をOMGの窓口等を通じSysML活用事例等の紹介、及び企業、団体間のコミュニケーションの場の創造

4)日本における各団体、企業等の経験、事例等の情報交換の場としていく。

5)現在の製品開発、設計の基盤として使用されている様々なツール、ソリューション、方法論等とのSYsMLとの連携、関連、位置づけ等をデイスカッションを通じ明確化、検討、課題定義

6)SysMLの位置づけを、経営の視点、営業の視点、グローバル・オペレーションの等システムズエンジニアリングの視点より大きく捉え直す検討を行う

7)関連団体、大学、企業との協業推進の推進

8)OMGで推進、検討されている諸般のグローバル・スタンダード、ISOのとの関連の検討と連携(コンシューマー安全対応、医療標準等)

・協議会運営についてのご案内…日本OMG 専務理事 小林 隆久 

・交流会  :

交流会定員 : 20名 

会場    : 慶応大学 協生館内 

交流会費  : ¥5、000(会場にて)

 

<参加申し込み>

会費  : 無料

参加資格: 特にありません

申込  : 貴社名、所属、役職、氏名、交流会参加の有無

を記入の上、下記メールアドレスヘ申込ください。

      info@omg.or.jp

以上

S1吉野スピーチ 協議会、活動内容・計画.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [394.9 KB]
ダウンロード

S2 OMG Update – SysML Focus.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [1.7 MB]
ダウンロード

S3西村先生プレゼンv2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [1.2 MB]
ダウンロード