industrial internet institutel

  • TOP >
  • お知らせ >
  • 既存の製造業環境に対するIoTソリューション構築のTESTBED_IIC Technical White paper

お知らせ- INFO -

既存の製造業環境に対するIoTソリューション構築のTESTBED_IIC Technical White paper

完全に新規の製造ラインでIoTソリューションを構築するケースとは異なる既存ラインへのIoTソシューション構築のためのデータ取集を可能する接続性の実証実験の成果です。

タイトルは

Smart Manufacturing Connectivity for Brown-field Sensors Testbed –Initial Deployment –
Report after Completion of Phase I
開いてかなりの長文で嫌になりそうですが、ちょっとかいつまんで概説を添付します。

https://www.iiconsortium.org/…/Smart_Manufacturing_Connecti…

このホワイトペーパーでは、「ブラウンフィールドセンサテストベッド用スマートマニュファクチャリングコネクティビティ」フェーズIの成果の概要を
示します。テストベッドは、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)が一般的にセンサとアクチュエータのローカル制御ループを管理する
個別製造ドメインに対応しています。 
PLCに直接接続されているか、入出力モジュール、I / Oモジュールを介して接続されています。
テストベッドはブラウンフィールドシナリオに焦点を当てています。
IOLinkセンサーはIO-Linkマスターゲートウェイを介して高齢のPLCに接続されています。
.IOゲートウェイはIOリンクデバイスをマスタリングできる特殊なアクティブI / Oモジュールです。
IO-Linkは、センサとアクチュエータとの双方向データ交換を可能にするデジタルインタフェースです。
このテストベッドは、PLCとのデータ交換に使用されるチャネルに加えて、既存のI / Oモジュールを置き換えるように改装可能なハードウェアの
開発と、より高度なITシステム向けの通信チャネルを確立します。
このハードウェアは、共通のソース、つまり一連のセンサから、2つの受信者、より高レベルのITシステムおよびPLCにデータを配信するため、
「Yゲートウェイ」と呼ばれます。しかし、2つの通信パスを介して交換されるデータは、
:PLCには元の制御タスクを実行するために必要なデータのみが提供されますが、より包括的な情報が付加的なパスを通じて提供され、
付加価値サービスが可能になります。
したがって、(高齢の)PLCは、一度選択されプログラムされた機能を実行する以上のデータ処理に負担を
かけることはありません。
テストベッドには、IO-LinkからOPC Unified Architecture(OPC UA)への一貫したマッピングの定義と実装がさらに含まれています。
その結果、YGatewayとITシステム間のサーバークライアントベースのデータ交換によって使用される標準化されたセマンティクスを持つ
OPC UAデバイスモデルが使用され、ITシステムのデータベース内にセンサデータを容易に統合できます。
TCP / IP上のOPC UAをYGatewayによって確立された追加のチャネルに使用することは、意味論的相互運用性を保証するだけでなく、
OPC UAの実績のあるセキュリティメカニズムを通じて安全な接続を保証します。
テストベッドには、一連のIO-Linkセンサによる消費された
リソースのデータを収集し、それらをSAP Manufacturing Integration&Intelligence(SAP MII)またはSAPに提供することによって、
製造プロセスステップの全体的な機器有効性を高める使用シナリオの実装が最終的に含まれます。
エンタープライズレベルでの付加価値サービスの実装を可能にする追加の通信パスを介したクラウドこのホワイトペーパーでは、
提案されたソリューションの要素と基本的な機能について説明し、工業用インターネットコンソーシアム(IIC)コミュニティに、
IOLink / OPC UAマッピングの詳細な説明、 
Y-Gatewayのエンドポイントセキュリティ脅威分析、Y-Gatewayによるリアルタイムパスの遅延を
測定する仕様、OPC UAの通信セキュリティメカニズムの説明、OPC UAへのセキュリティ対策適用の影響に関するレポート
パフォーマンス、
ブラウンフィールドセンサー用スマートマニュファクチャリング接続テストベッド – フェーズIの完了など。
IIC:WHT:IN27:V1.0:PB:20181023 – 3 –
このホワイトペーパーを含むこの一連の成果物は、本書の技術的実現可能性を文書化しています。
テストベッドのアプローチと、製造業者にとってのメリット、すなわち少数のセンサーでブラウンフィールド施設を改修し、
それらを適切なプラットフォームソリューションにより、潜在的な改善点を迅速に把握します。
最適化要件
テストベッドへの導入
ブラウンフィールドセンサー用スマートマニュファクチャリングのテストベッドは、IIC コネクティビティとセンサーの世界的リーダーである
TE Con​​nectivityと、世界のリーダーであるSAP
ソフトウェアおよびソフトウェア関連のサービス収入の観点から、
追加コラボレーションパートナーはifm、センサ、コントローラ、システムの世界的リーダーです。
オートメーションとOPC Foundation、産業相互運用性を定義する組織標準のOPCUA
IIC運営委員会は、2016年4月にテストベッドを承認しました。
情報はwww.iiconsortium.orgの専用ウェブページで入手できます。
このテストベッドは、伝統的に「オートメーションピラミッド」と呼ばれる厳密な階層構造です。

 

 

 

 

一覧へ戻る

CONTACT

CONTACT FORM
ページトップへ