一般社団法人 日本OMG

インダストリアル・インターネット シンポジウム

~欧米が進めるグローバルな産業・製造業の革新への取り組みと動向~

●日時:2014年10月29日(水)13:00 ~ 17:30 ●逐次通訳付き
●会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館 3階 CDF教室 (C3S10)
●主催:一般社団法人日本OMG SysML利活用協議会
●後援:独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
UMLモデリング推進協議会(UMTP)

 
 

開催趣旨

欧米を中心とする先進各国では、産業・製造業の再躍進を目的とする国家およびグローバル レベルの戦略的取り組みが始まっています。米国ではインダストリアル・インターネット、ドイツではインダストリー4.0と称し、第3次とも第4次とも言うべき産業革命と位置づけています。インダストリー・インターネットは、産業をシステムとして捉えIoT(Internet of Things)を援用して革新をもたらそうとするものであり、より強力な経済成長、雇用の質と量の改善、生活水準の向上の実現を目指すものです。
このシンポジウムでは、今年3月に米国に設立されたIndustrial Internet ConsortiumのStephen Mellor氏(CTO)より、その活動について紹介いたしました。また、ドイツが中心となって推進しているIndustrie 4.0 の活動のご紹介に加えて、米国でのこの分野のリーダーであるGE社よりIndustrial Internet の取組みを紹介させていただきました。
今後、日本における取り組み、製造業の高度化、グローバル標準への対応等を専門家の方々を交えて考えてみたいと思います。
こうした活動にご興味をお持ちの方々の日本OMGへの積極的参加をお願いいたします。

 

実施したプログラムの内容

13:00 ~ 13:20 オープニング 日本OMG 代表 吉野 晃生 氏
13:20 ~ 14:50 Industrial Internet Consortiumの取り組みと動向
             Stephen Meller氏, CTO, Industrial Internet Consortium
14:50 ~ 15:10 休憩
15:10 ~ 16:10 Industrie 4.0: Siemens社の取り組み
             シーメンスインダストリーソフトウエア株式会社 部長 山本 広則 氏
16:10 ~ 17:10 ジェネラル エレクトリック社のIndustrial Internetの取り組み
             日本ジェネラル エレクトリック社      専務取締役 田中氏
17:10 ~ 17:30 クロージング 慶應義塾大学 教授 西村 秀和 氏