industrial internet institutel

  • TOP >
  • セキュリティーフレームワーク概説・応用

セキュリティーフレームワーク概説・応用

目的

IoTの進化には、スマートな電気グリッド、接続された医療機器および病院、インテリジェントな交通機関、スマートな工場および
他のサイバー物理システムの出現が含まれます。
ソフトウェアソリューションを介して接続されたこのオブジェクト、デバイス、センサーの収集は、数十億にも増え続けており、
IDCの調査によると、接続されたデバイスの数は2020年までに300億を超えると言われています。
その結果、膨大な数の能動的および受動的に相互接続されたデバイスおよび関連するデータは、複雑なセキュリティ上の課題となります。
このため、IoTにとってサイバー攻撃は考慮しなければならない脅威です。
企業規模に関係なく、IoTシステムの内側と外側の両方からの予期しないソースから攻撃される危険性があり、
企業はこれに対してセキュリティを実装しなかればなりません。
これを踏まえ、本教育プログラムでは、IICにおいて開発されたIoTシステムにおけるサイバーセキュリティを評価するための
共通のセキュリティフレームワークを通じ、IoTセキュリティ実装のためのガイダンスと実用的なテクニックを学ぶことができます。

コース内容

IICで制定されているセキュリティフレームワーク、および日本におけるIoTのセキュリティガイドラインを基にIoTにおけるセキュリティのノウハウを学びます。
・IoTの基本的な構成と技術要素(IoTデバイス、GW、クラウド)
・IoTにおける脅威と脆弱性
・IoTにおけるセキュリティリスク
・IoTデバイスの保護
・IoTにおけるネットワークセキュリティ
・ライフサイクル・サプライチェーンリスク

実施スケジュール

詳細はお問合わせください。

費用・その他

詳細はお問合わせください。

お問い合わせCONTACT

参加・お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームで随時受け付けております。

お問い合わせフォーム
ページトップへ