一般社団法人 日本OMG

MBSE&SysML利活用協議会

■目 的

モデルベースシステムエンジニアリング( MBSE )に軸足を置いた、SysMLの利活用、啓蒙活動を推進し、
日本国内産業の発展に寄与することを目的としています。

■主な活動内容・サービス

利活用協議会は具体的な意見交換や情報交換の場として会員へのサービスを様々な形で提供します。

1.定期的会員間のコミュニケーション会議
・現場の抱える問題点について検討、研究を行います。
・必要な情報項目のピックアップと具体的な対応策の検討、OMGに対する情報チャネル機能を活かしたアクション展開の実施。

2.ワークショップ企画、運営と実施
・SysMLの具体的な活用事例や検討項目の考察、海外最新情報の公開などを中心に実施。

3.既に実施されたセミナー、ワークショップのアーカイブ資料閲覧や提供。

4.MBSEに対する先進事例、ワーキンググループの情報提供。
・MBSE in Healthcareに代表されるOMGを中心とするワーキンググループとの連携対応。

5.人材育成プログラムの提供
・プログラミングスキルだけではなく、事業やプロジェクトをビジネス・モデルとして捉えられる人材の育成、スキル開発に基盤をおいた
MBSEとSysMLの教育プログラムの提供。

6.IoT& Industrial Internetへの対応
・MBSE&SysMLは従来型の開発対応だけではなく今後の技術革新の中心課題となるIoT& Industrial Internetの基盤技術となるため、
様々な情報とニュービジネスクリエーションに対する技術的な取り組み方を支援します。

■体 制

■入会資格 ・会費について

入会資格は特にありませんが、申込後審査を行います。

A.小規模企業・団体( 社員100名未満 ) ¥120,000/年
B.中規模企業・団体( 社員100名以上300名未満 ) ¥240,000/年
C.大規模企業・団体( 社員300名以上 ) ¥360,000/年
D.個人 ¥36,000/年

(2016年7月現在)

■MBSE&SysML利活用協議会入会申込について

下記内容をメールで送信してください。後日担当部署よりご連絡いたします。

送り先メールアドレス info@omg.or.jp

【送信内容】
(1)「MBSE&SysML利活用協議会申し込み」
(2)会社名
(3)郵便番号
(4)住所
(5)所属
(6)担当者
(7)電話番号
(9)E-mail
(10)メッセージ