industrial internet institutel

  • TOP >
  • 業務標準化支援

業務標準化支援

目的

日本国内に於いてIoT利活用で最大の恩恵を受けるビジネスモデル領域は、アグリカルチャー、物流とサービス業。
これらは言うまでもなく十数年後に人手不足に陥るため既に多くの企業が施策を検討し始めています。
日本企業は素晴らしい製品を生み出す能力に長けている半面ノウハウは人に依存する傾向にあり、この培ったノウハウを自社の資産として見える形にしている企業は、
グローバル基準で観ると恐ろしく低いのが実情です。
業務標準化支援はOMGの世界標準の考え方を日本の風土や働き方を考慮し、匠の技をシステムに蓄積することで人の資産を企業に合った形に具現化します。

実施スケジュール

プロジェクト単位1年からスタート
3年を目途に業務標準を整備

費用・その他

詳細はお問合わせください。

CONTACT

CONTACT FORM
ページトップへ